« 節分草 2010 Part.1 | トップページ | 片栗 2010 Part.1 »

朝の筑波山 Part.2

朝の筑波山_005
朝の筑波山_005 posted by (C)凪々

*Photography data*
Canon EOS7D , Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM,ISO100,F10,RAW ,Digital Photo Professional現像

<注意>携帯からの写真閲覧はブログの制約によりPCサイトビュー ワー機能でのみ閲覧可能です。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

三回挑戦して、撮影したかったシーンです。

ダイヤモンド筑波です。

例年、小貝川ふれあい公園でポピー畑のバックに写しておりましたが、シーンの美しさでは、こちらの場所の方が好きですね・・・

稜線から覗く輝く光、水面への映り込みは、まさに絶景でした。

日の出前のグラデーションの利いた場面には、一種の緊張感が走りますが、こちらのシーンは出てくるのは、笑顔でしょうか・・・

撮影した後は、しばしシーンの美しさを楽しむため佇む私がそこにいました。

今年は、2月に入り天候条件が余り良くなかったのですが、粘り強く通った甲斐がありました。

*筑波山(つくばさん)*
関東地方東部、つくば市北端にある標高877mの山。
西側に位置する男体山(標高871m)と東 側に位置する女体山(標高877m)からなる。
雅称は紫峰(しほう)。異称として、筑波嶺(つくばね)ともいう。
美しい姿から富士山とも 対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称される。
茨城県の県西地方からの「眺めが美しい」と平凡社の『世界大百科事典』に記載される。
古 くは『万葉集』にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。
百名山のなかでは最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに 1000m未満の山。
独立峰と誤解されがちだが、実際には八溝山地最南端の筑波山塊に位置している。
さらに山体の勾配が指数関数的なので 火山と間違えられることがあるが、筑波山は厳密には火山ではなく、深成岩(花崗岩)が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとされる。
な お、山頂部分は花崗岩ではなく斑れい岩からなる。
山全体を見ると、石岡市、桜川市にもまたがっている。
男体山及び女体山山頂には筑波山神 社本殿があり、山腹に筑波山神社拝殿がある。
古くからの信仰の場であり、『常陸国風土記』には筑波山の神が登場する。
隣接して坂東三十三 箇所25番札所の筑波山大御堂(中禅寺)もある。ガマの油売りの口上が行われた。
関東平野を一望するロケーションの良さからアマチュア無線用中継 局筑波山レピータもある。
富士山の景観が素晴らしいことから、2005年に関東の富士見百景に選定された。2007年、日本の地質百選に選定され た。
-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

Mitsubishi

懸案だったモニターを購入しました。

三菱電機製の『RDT271WLM(BK)』です。

27インチノングレアタイプのモニターです。3万円台前半での購入です。

これまで使っていたのが24インチでしたので、一回りでかいモニターはかなりの迫力です。

このサイズで、このお値段と言うことでかなりお買い得感はありますが、高級モデルで採用されるIPS液晶ではなく、スタンダードなTN液晶とのこと・・・

やや色滲みが見られるものの、この値段だったら仕方ないんでしょうね・・・

地デジでの映像も、残像も余り見られず、コントラストもどぎつくなく、まあまあな印象です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

« 節分草 2010 Part.1 | トップページ | 片栗 2010 Part.1 »

コメント

おはよー
出ましたね~
ダイアモンド筑波(!。!)
楽しみにしてました~♪
超うっとりです~^^v

涙がでてしまいました、、
素敵ですね

早くまた登りたいな、、、
自然にかえりたいです、、、

凪々 さ~ん、☆こんばんわ~☆

わ~お~すばらしい光景ですね~
まさにダイヤモンドの輝きを魅せる朝日の
素晴らしさ~
ほんとに神々しい光景には思わず手を
合わせずにはいられませんでした~。
ノートパソコンの液晶の取り換えって
5万以上しちゃうのですけれど、
こちらは、安価で良いですねぇ?

今日もすばらしいお写真ありがとうございました♪
今日はこれから撮影に出かけてまいりま~す♪tulip

ダイヤモンド筑波、素晴らしい眺めですね、
この映像を見たら行ってみたくなりました。

すごい。お見事というほかありません。
何度も通わないと撮れないものが多いですね。野鳥達も何年通っても姿さえ見られないものが多いです。

ダイヤモンド筑波・・・・
きれいですねぇ 暖かい色ですね
余計な雲も無く これほどすばらしい景色になるとは
筑波のふもとに3年半も住んでいましたが 知りませんでした

こんばんは~♪
幻想的で情感あふれる情景に、しばし見入って
しまいました。
さすが凪々さん…!、と感心するばんりです。
筑波の峰から昇る朝日に、希望が湧いてきます。

こんばんは

すばらしい瞬間ですね。
水面からは湯気が出ていますね、かなりの冷え込み。
お疲れ様でしたshine

水面と筑波山と太陽のコラボが素敵ですね!
暖かみのあるカラーにも癒されました^^

こんにちは~
朝日が出る前の何とも言えない色合いの写真も素敵
でしたが、陽が昇り始めて神々しい厳かな光がパーッと
射した瞬間のこの写真も素晴らしいです。
レンタカーを借りてまで行った甲斐がありましたね。

素晴らしいですね!

寒さに耐えての力作を、
ぬくぬくと見せて頂き、
有り難うございました。


 綺麗なオレンジですね!
 どぎつくなく、薄くなく。
 こういう写真を見ると自然ってすごいな、と改めて感じます。

 アントでした。

 でわでわ。

綺麗ですね~
しばし見とれていたの、わかります~(^∇^)♪♪
こんなに美しい光景・・・
wakameも実際に見たいです
山に差し込むに光が最高です。。。

おはようございます。
山と空の境目に見える光、美しいですね(^-^*
太陽の周りにほんのりと輪のようなものがみえるのは
私の気のせいでしょうか。。
神々しい景色にうっとり。見事なショットに癒されました。

今日は。

寒い時期に3回も・・。
それ程の情熱がないと、これ程の写真は撮れないのですね。
素晴らしい光景に感動です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179763/33754464

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の筑波山 Part.2:

« 節分草 2010 Part.1 | トップページ | 片栗 2010 Part.1 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに参加しております。

  • にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

    いつもいつも応援ありがとうなのです。(*^-^)ニコ

Midi素材リンク

  • Lizさんのサイトへ

    Lizさんのサイトです

<注意>

  • ★注意(CAUTION)★
    当ブログに掲載されている写真・動画は、著作者に帰属します。 無断転載は禁止します。無断使用が発覚した場合、法律に基づき厳正に対処させていただきます。 見つけた写真・動画を転載・二次利用したい場合は、基本的に著作者の許諾が必要です。 以下のメールアドレスに連絡願います。 『nanagokochi@hotmail.co.jp』

私のHPを作りました。

  • 是非、ご覧くださいね♪

fotoliaさんで写真販売初めました。

  • Fotolia

    こちらもご覧ください