« 東京スカイツリースペシャルライトアップ(2020年五輪・パラリンピック招致イベント) | トップページ | 埼玉県加須市オニバス自生地 (夏の日の思い出 Part.2) -PIXTAで3作品ご購入頂きました。- »

青い悪魔 (夏の日の思い出 Part.1) *PIXTAで2作品ご購入頂きました。*

_008

http://pixta.jp/photo/5369446

_007

http://pixta.jp/photo/5381493

_006_2

http://pixta.jp/photo/5359592

_005_3

http://pixta.jp/photo/5369447

_004_2

http://pixta.jp/photo/5337206

_003_2

http://pixta.jp/photo/5344009

_002_2

http://pixta.jp/photo/5337207

_001_2

http://pixta.jp/photo/5359591

リンクのPIXTAの販売サイトで「カンプデータ」若しくは「画質を確認」を見ると大きな画像や等倍画質(PIXTAロゴ入りですが...)が見られます。

*Photography data*
SONY α900 ,①Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA/②TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di LD(IF) MACRO1:1 ,ISO100, ①F1.8&F5.6②F2.8 ,RAW ,SILKYPIX Developer Studio Pro 5現像

8月下旬のお休みに行ってきました。

加須市の道の駅『童謡のふる里おおとね』の布袋葵です。

4、5年前の最盛期に比べると寂しい感じですが、見頃はまだ続いてましたね!

35度を軽く超える酷暑の中での撮影は、液晶やファインダーに汗がかかるので頻繁に拭かないといけませんです。

また、汗が目に入るとピント合わせも大変です。

今回は撮影しませんでしたが、カモちゃんズも健在で、愛嬌を振りまいてましたね。

花の方は、その繁殖力の強さから、『青い悪魔』と呼ばれ、害草として嫌われますが、こちらの休耕田では、毎年近くの保育園児が植え付けを行ない、夏のこの時期爽やかな色合いの美しい姿で、道の駅を訪れる休憩中のドライバーの目を楽しませてくれます。

**********************************************************

*Movie data*

SONY NEX-7, SONY E18-200mm F3.5-6.3 OSS/TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di LD(IF) MACRO1:1(LA-EA2使用) , Mpeg4 

動画はNEX-7で撮影しました。

NEX-7での撮影は余り行ったことは無いですが、これだけ明るい中だとAモードで開放絞りでのボケを生かした撮影も可能ですね!

途中、音にノイズがのってますが、ご愛敬と言うことで。。。(^0^;)

それにしても、前記事に大量のスパムコメが...

速攻消しました。また、制限もかけました。(`へ´)フンッ。

**********************************************************

<お知らせ>

09/10(月)、11(火)にPIXTAで2作品ご購入いただきました。PIXTAおよびFotoliaトータルで64枚目の販売です。

今回は、2作品とも販売商品、出版物、有料配信、TVで使用されるエクストラライセンスでご購入頂きました。

ご購入者様、本当にありがとうございます。

2012/09/15(土)現在、写真販売サイト『PIXTA』での販売ストックは先週1,122枚より7枚増え、1,129枚となりました。

私の専用HP(ハンドルネームはIssey)の販売ストックに掲載されておりますのでもしよろしかったら、ご覧ください。

また『fotolia』でも販売ストックがございます。もしよろしければ、ご覧になってください。

2012/09/15(土)現在、37枚の写真が販売ストックされております。

fotolia』では、08/10(金)私のブログにアフェリエイト登録していただいたパートナー様がいらっしゃいました。

 


Fotolia

Fotolia

 

**********************************************************

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

*ホテイアオイ(布袋葵)*
単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。
池などの流れの少ない水面に浮かんで生育する水草。葉は水面から立ち上がる。
葉そのものは丸っぽく、艶がある。変わった特徴は、葉柄が膨らんで浮き袋のようになることで、浮き袋の半ばまでが水の中にある。
茎はごく短く、葉はロゼット状につく。つまり、タンポポのような草が根元まで水に浸かっている形である。
水中には根が伸びる。根はひげ根状のものがバラバラと水中に広がり、それぞれの根からはたくさんの根毛が出るので、試験管洗いのブラシのようである。
これは重りとして機能して、浮袋状の葉柄など空隙に富んだ水上部とバランスを取って水面での姿勢を保っている。
ただし、全体の形は生育状態によって相当に変わる。小さいうちは葉も短く、葉柄の浮き袋も球形っぽくなり、水面に接しているが、よく育つと浮き袋は楕円形になり、水面から10cmも立ち上がる。
さらに、多数が寄り集まったときは、葉柄は細長くなり、葉も楕円形になって立ち上がるようになる。
水が浅いところで根が泥に着いた場合には、泥の中に根を深く下ろし、泥の中の肥料分をどんどん吸収してさらに背が高くなり、全体の背丈は40cmにもなる。
こうなると葉柄はもはや細長く伸びて浮袋状では無くなる。なお、この状態で水中に浮かせておくと、しばらくして葉柄は再び膨らむ。
夏に花が咲く。花茎が葉の間から高く伸び、大きな花を数個~十数個つける。花は青紫で、花びらは六枚、上に向いた花びらが幅広く、真ん中に黄色の斑紋があり、周りを紫の模様が囲んでいる。
花が咲き終わると花茎は曲がって先端を水中につっこむ形となり、果実は水中で成長する。熟した果実は水中で裂開し、水中に種子をばら撒く。種子から発芽した実生は最初から浮き草状の生活型をとるのではなく、浅い水中や水辺の泥の上で土中に根を下ろして成長し、株が大きくなると葉柄に浮袋を生じて水面に生活の場を広げていく。
また、茎から水平に枝を伸ばし、その先端に芽が生じて新しい株を作る。これによって素早く数を増やし、大きな集団になる。
集団がさらに大きくなり、水面を埋め尽くすようになると、互いにより掛かり合って背が高くなり、分厚い緑の絨毯を水面に作り上げる。
日照量の高い環境で最もよく繁茂し、室内など光量の低い環境では次第に衰弱して枯死する。
花が美しい水草なので、日本には明治時代に観賞用に持ち込まれた。路地での金魚飼育などの場合、夏の日陰を作るのによく、またその根が金魚の産卵用に使えるので便利である。水面に浮かぶので、水槽での栽培には用いられない。
世界の熱帯・亜熱帯域に帰化し、日本では、本州中部以南のあちこちで野生化している。
寒さに弱く、冬はほとんど枯れるのだが、一部の株がわずかに生き延びれば、翌年には再び大繁殖する。
繁殖力が強く、肥料分の多い水域では、あっという間に水面を覆い尽くし、水の流れを滞らせ、水上輸送の妨げとなり、また漁業にも影響を与えるなど日本のみならず世界中で問題となっていて、「青い悪魔」と呼ばれ恐れられている。
冬季に大量に生じる枯死植物体も、腐敗して環境に悪影響を与える。さらに、水面を覆い尽くすことから、在来の水草を競争で排除する事態や水生動物への影響も懸念される。また、アレロパシーも有する。
このため、国際自然保護連合(IUCN)種の保全委員会が作成した 世界の侵略的外来種ワースト100(100 of the World's Worst Invasive Alien Species)[1] に選ばれている。
ただし、日本ではホテイアオイは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に於いて、特定外来生物には指定されていない。
その繁殖力を生かして、水中の窒素分などをこの植物に吸収させることを目指して、水質浄化のために利用しようとの試みもあるが、多くの場合、繁殖した植物体をかき集めて処理する手間がかかるために永続性に欠け、水域に投入しただけで環境に良い事をしたつもりになって放置しているケースも目立つ。
むしろ、いくら閉じこめたつもりでも、少しでも外に出れば大きな問題を引き起こすような外来種を、水質浄化など、環境対策として用いることは環境浄化の方法として好ましくないと、多くの専門家が批判している。にもかかわらず、そのような問題に意識を持たない人たちによって、いらなくなったホテイアオイが川や池に捨てられる例も多い。
ビオトープ施設でも、環境によい植物とみなしてホテイアオイを入れている場所もある。
一方、旺盛な繁殖力を持つホテイアオイを新たな繊維素材として利用開発の動きもある。既にホテイアオイの乾燥させた繊維で編んだ籠などは、商品化されて「ヒヤシンスバスケット」などといった商品名で流通している。

« 東京スカイツリースペシャルライトアップ(2020年五輪・パラリンピック招致イベント) | トップページ | 埼玉県加須市オニバス自生地 (夏の日の思い出 Part.2) -PIXTAで3作品ご購入頂きました。- »

コメント

おはよー
ホテイアオイはいつも見過ごしてしまってます^^;
来年こそはって思うのですが、何故かついつい忘れ、こうやって
拝見すると、しまった~って思い出します^^;

( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

一面のホテイアオイがステキ!です。
このように咲くと嬉しくなりますね。
清楚な色の柔らかな姿がまたひと際!

ご活躍に祝!!!

まだまだ暑いですからご自愛くださいね。

1つ100円で売ってますね。
ホテイアオイ入れるとなんか変なタニシみたいなのがついてくることあります。
自然界だと厄介な植物なのでしょうが、メダカさんがいると欲しくなります。
今年は、アマゾンフロッグビットにしましたが、増殖はしましたが大きくはなりませんね。

最近、コンデジもピントがイマイチあいません。
こちらはさすがに綺麗に撮れてますね。

大量のスパムはどのくらい着たのかな?
当方にもブランド系のスパムがチョボチョボ着ますよ((+_+))

こんなに綺麗なのにどうして”悪魔”なんだろうって思いました。
なるほど〜ですね。

「青い悪魔」と呼ばれているのですか〜
きれいな色で、一面に咲いていると素晴らしい景色ですけどね。

繁殖力が旺盛で嫌われる種と、
絶滅が危惧される種と、
世の中いろいろですね。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 ホテイアオイの花…、みごとな群生ですね~☆
 さわやかな色合いに、ほんと心が洗われる思いが
 しました。
 こんなにすてきな花なのに、「青い悪魔」…なんて
 かわいそうです。
 実物を見たことがないので、ぜひ、一度出合って
 みたいです。

優しい色合いが綺麗に出ていますね。
凪々さんの優しさを感じます。
風にそよぐ動画も良かったですよ。

涼しげな悪魔さんですね・・・

やわらかいお写真からは、悪魔なんて想像できません♪
動画も楽しませてもらいましたぁ~confident

 ‘連邦の白い悪魔’というのは知っていますが、布袋葵が‘青い悪魔’と呼ばれているのは知りませんでした。
 (^_^;)

  その繁殖力、東北での向日葵のように何かに活用できないものでしょうかね?
  そうすれば‘悪魔’なんて言われなくても済むのになぁ・・・なんて思いますが。

 アントでした。

 でわでわ。

ん~悪魔には見えないですね。。
綺麗です。。けど、近くでは見たくないかもです。
PCで見るには、心癒されますよ。

スパムか~大変そうですね。

凪々さ~ん☆こんにちはぁ~☆

凪々さん、そうなんですねぇ?
それは、ほんとにおめでとうございます。
私の方は、今月まだ、たったの一枚だけ
なのですよぅ(涙)しかたないですよねぇ。

でもほんとに美しぃ~綺麗~
爽やか~
なんていうのでしょう、言葉が見つかり
ませ~ん。神秘的なホテイアオイが
こんなにも素晴らしく撮れちゃうなんてぇ。

お写真もさることながら、動画はやっぱ
臨場感?あって良いですよねぇ?
すごく繁殖力旺盛な植物なのですよねぇ?
田舎の私の所では、全然見ることが
できません。
ありがとうございます、お写真も動画も
楽しませていただきました☆suncloudcamera

布袋葵 これほどのたくさんではありませんが タイに行ったときに 娘とかなり大きな塊が川にあるのを見ました。あれにもびっくりしたけど これはもっとすごいですねぇ 花だけ見ていると 悪魔だなんてとんでもないといいたいけど 農作業には邪魔なんでしょうねぇ

凪々さんらしい
やさしい色合いですね~
やっぱ凪々さんのお花の写真
大好きです♪

今のシーズンなんですね。
毎年凪々ちんのブログで楽しませてもらってますが、実物は見たことないです。
一面の花は圧巻でしょうね。

暑い中での撮影、大変ですね。
見るからに繁殖力がすごそうです。
…しかし、多くの顔がこっちを向いているようでちょっと怖いです。
向日葵も同じ理由で苦手です(^_^;)
青空の下で中でみると印象も違うのかな~。

こんなきれいな植物が侵略的外来種なんですか。
確かにアップを見ると顔つきが恐いような気もしますが。

おはようございます、
水草の一種ホテイアオイの群生見事ですね、
鉢に入れて観賞用にされてるのを見たことがありました、
繁殖力旺盛で害草とも言われますが、こうして見ると楽しめますね。

妖精みたいなお花ですね!
楽しげに戯れているようです。

α99はいっちゃいますか!?

ホテイアオイ。

問題の多い植物のようですが、花として見れば綺麗な花ですね。
名は聞いたことがありましたが、これほど確りと見せて貰ったのは初めてです。

話はそれますが、日本は資源のない国、ここに書かれて居るように、繊維として、あるいは水の浄化など、その繁殖力で、次々に生産できる特性を生かせないものでしょうかね。

お花の色で、涼しさを頂きました~

凪々さん、こんばんわ!

これだけの、ホテイアオイの花は、見たことがありません。
子供のころ、鯉を飼っておられる池やお寺の池で、良く見にしていて、あのまるく膨らんだ茎を珍しく感じてました。
写真は、ソフトタッチの明るさと色合い、ぼかし具合も素敵です。
動画も楽しませて頂きました。

お見事の一言です。

炎天下では、デジスコの鳥見仲間のコンデジ・・・特に最近のコンデジは性能は大変良くなっているのですが、高温になると色々と障害が出て困っている人が多くなりました。

こんばんは!

動画のひと時、ほっと疲れを癒しました!
流れる水の音が安らぎます。

ホテイアオイって花びら一枚が、クジャクのようなんですね。
アップで見たのは初めてです♪

おぉ、迫力ぅ~p( ̄o ̄)q
ホテイアオイは、葉の印象が強い。
お花は、知らなかった気がします☆

こんにちは

ホテイアオイは遠くから眺めてみる分にはきれいで
いいんですが、繁殖力が強くてちょっと怖いですね。

これだけの繁殖力を持つ植物なんだから、ホテイアオイ
からバイオ燃料を作り出すことができればすごいと
思うんですけど(^^;)

凪々さん、こんにちは。

ホテイアオイ、とても綺麗な優しい色なのに・・・
「悪魔」って、凄いですね。
侵略的外来種なんて知らなかったです。
一面に咲いてる光景は、とうてい悪魔なんて思えません。
凪々さんのHP、素敵な写真がいっぱい!!ですね~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179763/46769263

この記事へのトラックバック一覧です: 青い悪魔 (夏の日の思い出 Part.1) *PIXTAで2作品ご購入頂きました。*:

« 東京スカイツリースペシャルライトアップ(2020年五輪・パラリンピック招致イベント) | トップページ | 埼玉県加須市オニバス自生地 (夏の日の思い出 Part.2) -PIXTAで3作品ご購入頂きました。- »

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキングに参加しております。

  • にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

    いつもいつも応援ありがとうなのです。(*^-^)ニコ

Midi素材リンク

  • Lizさんのサイトへ

    Lizさんのサイトです

<注意>

  • ★注意(CAUTION)★
    当ブログに掲載されている写真・動画は、著作者に帰属します。 無断転載は禁止します。無断使用が発覚した場合、法律に基づき厳正に対処させていただきます。 見つけた写真・動画を転載・二次利用したい場合は、基本的に著作者の許諾が必要です。 以下のメールアドレスに連絡願います。 『nanagokochi@hotmail.co.jp』

私のHPを作りました。

  • 是非、ご覧くださいね♪

fotoliaさんで写真販売初めました。

  • Fotolia

    こちらもご覧ください