ダイヤモンド筑波 Part.2

Dsc033601_2

*Photography data*
SONY α7RII, SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS, ISO100 ,F18 ,RAW , SILKYPIX Developer Studio Pro 8 現像

Dsc032631
*Photography data*
SONY α7RII, SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS, ISO100 ,F2.8 ,RAW , SILKYPIX Developer Studio Pro 8 現像

本日、午前2時起きで茨城県下妻市の小貝川ふれあい公園に行ってきました。筑波山をバックに河川敷に咲くポピーはとても綺麗です。

ポピーの開花はやや遅く、来週くらいが見頃になりそうです。

丁度、午前5時に筑波山の山頂部から太陽が顔をのぞかせます。

まるで、ダイヤモンドの輝きのようです。

今日は、200名位のカメラマンが撮影しにきておりました。

最初、川寄りのポピー畑に陣取っていましたが、後ろに陣取る方から注意され、後ろに移動しました。ちょっとむかつきましたが、気持ちは分かるので従いました。

帰宅して、ブログの記事を書いておりますが、とても眠いです。

アップしたら一眠りしたいと思います。

**********************************************************

♪ラーメン・つけめん含むグルメ関係は、アメブロで更新(不定期更新)しております。そちらもご覧いただけたらと思います。(#^.^#)

今回は、東京都中央区にあるラーメン雷鳥(サンダーバード)1号ラーメン改です。

ブログ名:凪々のブログ
URLは、http://ameblo.jp/nanagokochi4666/です。

**********************************************************

<お知らせ>

2017/05/21(日)現在、写真販売サイト『PIXTA』での販売ストックは1,706枚です。

今週、PIXTAで3作品御購入頂きました。御購入者様ありがとうございます。

私の専用HP(ハンドルネームはIssey)の販売ストックに掲載されておりますのでもしよろしかったら、ご覧ください。

また『fotolia』でも販売ストックがございます。もしよろしければ、ご覧になってください。

2017/05/21(土)現在、37枚の写真が販売ストックされております。

写真素材 PIXTA

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

ダイヤモンドは輝かず。。。(-_-;

3_2

4

_2011008_2

_2011004

_2011010

_2011003

*Photography data*
・SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像
・Canon EOS7D , Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM,ISO100,F10,RAW ,Digital Photo Professional現像

前回の話の通りダイヤモンドの輝く日の出は拝めませんでした。

今年は、どうも天候に泣かされました。

仕方が無いですね・・・

来年チャレンジできたらがんばります。以上!!(笑)

*筑波山(つくばさん)*

関東地方東部、つくば市北端にある標高877mの山。
西側に位置する男体山(標高871m)と東 側に位置する女体山(標高877m)からなる。
雅称は紫峰(しほう)。異称として、筑波嶺(つくばね)ともいう。
美しい姿から富士山とも 対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称される。
茨城県の県西地方からの「眺めが美しい」と平凡社の『世界大百科事典』に記載される。
古 くは『万葉集』にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。
百名山のなかでは最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに 1000m未満の山。
独立峰と誤解されがちだが、実際には八溝山地最南端の筑波山塊に位置している。
さらに山体の勾配が指数関数的なので 火山と間違えられることがあるが、筑波山は厳密には火山ではなく、深成岩(花崗岩)が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとされる。
な お、山頂部分は花崗岩ではなく斑れい岩からなる。
山全体を見ると、石岡市、桜川市にもまたがっている。
男体山及び女体山山頂には筑波山神 社本殿があり、山腹に筑波山神社拝殿がある。
古くからの信仰の場であり、『常陸国風土記』には筑波山の神が登場する。
隣接して坂東三十三 箇所25番札所の筑波山大御堂(中禅寺)もある。ガマの油売りの口上が行われた。
関東平野を一望するロケーションの良さからアマチュア無線用中継 局筑波山レピータもある。
富士山の景観が素晴らしいことから、2005年に関東の富士見百景に選定された。2007年、日本の地質百選に選定され た。
-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

*****************************************************

前回記事で紹介した『ワットチェッカーPlus TAP-TST7』 の話です。

Photo

自宅のPCで待機電力と使用時の電力を測定してみました。

結果は、かなり細かく見にくいのですが、アップの表の通りです。

なお、測定はPC本体(BDドライブ含む)、モニター、プリンタ、スキャナー、外付けディスク、MP3プレイヤーなど、PCに関する全ての機器を対象にしております。

スペックは、

CPUは2008年にIntelから発売された初代(Nehalem 世代)のCorei7 965 Extreme Edition(3.2GHzをターボブーストで3.3GHz使用)。

ビデオカードは、1世代前の最強モデルDual GPUであるATI RADEON 5970。

ハードディスクは、日立製の1TByteモデルのHDS721010KLA330の4台をRaido0構成にしており、どう考えてもエコからほど遠い電気食いタイプです。

詳細はアップの表に記載しております。

使用時電力は、色々ベンチーマークやプリントや写真スキャンなどを行い負荷をかけたものになっております。

1年間の使用料金(使用時:¥56,575、待機時:\5,956)にはぶったまげました。

これは、必要の無いときはこまめに電源を切り、コンセントからも抜く等の措置は必ず必要になりそうです。

CO2排出に関してもかなりの悪影響を出していそうです。

Tv

次は、TVです。2009年製のパナソニックの37型液晶TV VIERA V1(TH-L37V1)です。
当時では、ハイスペックモデルとなっており、2009年度では家電エコポイント対象モデルとなっており、それなりに省エネ機能がついております。

ここ1年で出だした、バックライトがLED製のものよりは消費電力は高いですが、待機電力がほぼ0だったのは、なるほどと思わされました。

表中の電流、皮相電力、電力のmin-MAXはバックライトの明るさを最小にするのと最大にしたときに計ったモノです。

ほぼ倍の違いには、びっくりです。

今は当然、明るさは最小にしております。最初は暗い感じがしましたが、もう慣れました。

今後、冷蔵庫なども測定し、色々節電で工夫できないかを探って行こうと思います。

*****************************************************

 

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園からの筑波山 2011 Part.1(追記あり)

7

5

*Photography data*
[1枚目]SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像
[2枚目]Canon EOS7D , Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM,ISO100,F10,RAW ,Digital Photo Professional現像

今年も、行ってきました。

小貝川ふれあい公園からの筑波山の夜明けです。

毎年、ポピー畑が満開になる5月の下旬には、筑波山頂から日の出が拝めるので、太陽が出る瞬間のダイヤモンド如き輝きを撮影したくなるのです。

今年は、05月21日(土)が晴れていたの早朝訪問し、挑戦しましたが、日の出直前に山頂付近を雲が通過・・・

残念ながらダイヤモンドは拝めずじまいでした。(-_-;

そして、今週はずっと天気が悪く、唯一の晴れ予報が水曜日の05月25日(水)でした。

山頂付近から太陽が拝める時間が午前4時50分前後なので、撮影して即、高速に乗れば会社に楽々間に合う計算でしたので、出勤前に撮影に行きました。

平日とは言え、多くの人々が撮影に訪れるだろうとの予想から、撮影場所の確保の為、自宅を午前2時半に出ました。

撮影場所の小貝川ふれあい公園には、午前3時半に到着しましたが、既に30人ほどの人が三脚を立ててスタンバっておりました。

私が確保できたポジションはベストでは無いものの、なかなか良い位置を確保出来ました。

日の出のシーンは、次回以降ご紹介するとして、今回は日の出直前のシーンをアップします。

日の出のシーンに負けない位、美しいモノだと毎回訪問して感じております。

山の下の方に工場からの煙が横になびく様も良いアクセントになっておりますね!

撮影後即撤収し、会社の方も楽々間に合いましたよん♪(*^-^)ニコ

*筑波山(つくばさん)*
関東地方東部、つくば市北端にある標高877mの山。
西側に位置する男体山(標高871m)と東 側に位置する女体山(標高877m)からなる。
雅称は紫峰(しほう)。異称として、筑波嶺(つくばね)ともいう。
美しい姿から富士山とも 対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称される。
茨城県の県西地方からの「眺めが美しい」と平凡社の『世界大百科事典』に記載される。
古 くは『万葉集』にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。
百名山のなかでは最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに 1000m未満の山。
独立峰と誤解されがちだが、実際には八溝山地最南端の筑波山塊に位置している。
さらに山体の勾配が指数関数的なので 火山と間違えられることがあるが、筑波山は厳密には火山ではなく、深成岩(花崗岩)が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとされる。
な お、山頂部分は花崗岩ではなく斑れい岩からなる。
山全体を見ると、石岡市、桜川市にもまたがっている。
男体山及び女体山山頂には筑波山神 社本殿があり、山腹に筑波山神社拝殿がある。
古くからの信仰の場であり、『常陸国風土記』には筑波山の神が登場する。
隣接して坂東三十三 箇所25番札所の筑波山大御堂(中禅寺)もある。ガマの油売りの口上が行われた。
関東平野を一望するロケーションの良さからアマチュア無線用中継 局筑波山レピータもある。
富士山の景観が素晴らしいことから、2005年に関東の富士見百景に選定された。2007年、日本の地質百選に選定され た。
-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

続きを読む "小貝川ふれあい公園からの筑波山 2011 Part.1(追記あり)" »

小貝川ふれあい公園 2010 Part.3

ヤグルマギク_0004
ヤグルマギク_0004 posted by (C)凪々

ヤグルマギク_0001
ヤグルマギク_0001 posted by (C)凪々

ヤグルマギク_0005
ヤグルマギク_0005 posted by (C)凪々

ヤグルマギク_0006
ヤグルマギク_0006 posted by (C)凪々

ヤグルマギク_0003
ヤグルマギク_0003 posted by (C)凪々

*Photography data*
SONY α900 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1,SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF,Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

<注意>携帯からの写真閲覧はブログの制約によりPCサイトビュー ワー機能でのみ閲覧可能です。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

小貝川ふれあい公園は、5月中旬から6月の初めまでフラワーフェスティバルということで、ポピーやヤグルマギク、キンセンカなどの色とりどりの花々を楽しむことが出来ます。

朝の筑波山を楽しんだ後は、朝日を一杯浴びた花々を撮影したくなります。

今回は、ヤグルマギクです。

清々とした青い花が目立ちますが、ピンクや赤い花もアクセントの様に咲いており、とても美しい空間でした。

朝は光が斜めから照らすので、花に立体感を与えるので写真での表現も面白いですねぇ~

*ヤグルマギク(矢車菊)*
キク科ヤグルマギク属の1種である。
和名でヤグルマソウとも呼ばれるが、ユキノシタ科のヤグルマソウと混同しないようにヤグルマギクと呼ばれることが多い。
野生種は青花で、種名の「cyanus」は「あさぎ色の」という意味である。属名の「Centaurea」は、ギリシャ神話に出てくる半人半馬の怪物ケンタウルスから。
-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園 2010 Part.2

小貝川ふれあい公園_0009
小貝川ふれあい公園_0009 posted by (C)凪々

小貝川ふれあい公園_0014
小貝川ふれあい公園_0014 posted by (C)凪々

 

*Photography data*
SONY α900 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1,Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA,Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

<注意>携帯からの写真閲覧はブログの制約によりPCサイトビュー ワー機能でのみ閲覧可能です。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

今年のダイヤモンド筑波です。

梅雨入り前の不安定な天候続きでしたが、ようやく晴れた朝でした。

例年よりもやや気温が高かったせいでしょうか、綺麗なダイヤモンドになったのは、これを含めて数カットでした。

難しいものです。

一昨年辺りから、アツミゲシ騒動で花数が少なく規模も縮小傾向でしたが、今年は管理が良かったせいか、花数は多かったですねぇ~

ダイヤモンド筑波をもり立てる脇役(この場合・・・)として、最高の状態だったと思います。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。 ↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園 2010 Part.1

小貝川ふれあい公園_0002
小貝川ふれあい公園_0002 posted by (C)凪々

小貝川ふれあい公園_0006
小貝川ふれあい公園_0006 posted by (C)凪々

ポピー_0200
ポピー_0200 posted by (C)凪々

ポピー_0215
ポピー_0215 posted by (C)凪々

ポピー_0223
ポピー_0223 posted by (C)凪々

ポピー_0217
ポピー_0217 posted by (C)凪々

ポピー_0201
ポピー_0201 posted by (C)凪々

ポピー_0210
ポピー_0210 posted by (C)凪々

*Photography data*
SONY α900 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1,Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA,Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

<注意>携帯からの写真閲覧はブログの制約によりPCサイトビュー ワー機能でのみ閲覧可能です。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

小貝川ふれあい公園のポピーです。

今年もダイヤモンド筑波を狙おうと、自宅を午前2時半に出て、現地に4時到着です。

既に、20名くらいの方々が三脚を立てて日の出を待っておりました。

私も気に入った場所を確保し、日の出をまだかまだかと待ちました。

事前の天気チェックでは、最高の快晴・・・

眼前に広がる筑波山の稜線!

これは期待できるぞと、胸が高鳴ります。

Topの写真は、日の出前の筑波山・・・

ダイヤモンド筑波とは違った、ポピーの赤と空の青紫色がとてもさわやかな印象のに映りました。

ダイヤモンド筑波は後日、ご紹介します。

今年も小貝川ふれあい公園のポピーは、花数も多く、二年前のアツミゲシ騒動も嘘のような見事な咲きっぷりでした。

昨年辺りから、コントラスト落とし、階調を広く花の質感を大事に撮影するようになりました。

色飽和を起こしやすい赤も何とか表現できたかなぁ~って思っております。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園 2009 Part.2

Kokaigawa_hureaipark_200912Kokaigawa_hureaipark_200902 Kokaigawa_hureaipark_200908Kokaigawa_hureaipark_200907

*Photography data*
[上2枚]SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像
[下2枚]SONY α900 , Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA ,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

ダイヤモンド筑波です。

小貝川ふれあい公園のポピーを見に来たならば、やはりこのシーンは外せません!

今週は日中は晴れても、朝曇っていた日が多かったので、クリアな朝日が見られて良かったです。

本当ラッキー☆\(^O^)/

この日の日の出は、AM04:28!筑波山から顔を出すのは大体30分後のAM04:58頃...

撮影場所を確保後、隣のおじさま、おばさまとしばしカメラ談義・・・

この時間が結構楽しいんですよねぇ~(^-^*)ニコっ♪

筑波山山頂が明るくなってくると周りに緊張感があふれ、『もうすぐだぞ』という言葉も聞こえてきます。

山頂から太陽が顔を出すと、とにかくシャッターを切って切って切りまくってました(笑)

おおっ、フレアが発生してない...

昨年はフレアがでてましたが、今年は皆無です。

ツァイス...恐るべし!

本記事は予約投稿です。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園 2009 Part.1

Kokaigawa_hureaipark_200901Kokaigawa_hureaipark_200904Kokaigawa_hureaipark_200905

*Photography data*
[上]SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像
[中・下]SONY α900 , Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA ,DRO-Advance LV.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

昨日、休暇を取って行ったところは、小貝川ふれあい公園のポピーです。

筑波山をバックに日の出前のシーンです。

幻想的な雰囲気はなかなか美しいです。

昨年、存在することが許されない「アツミゲシ」騒動の影響か、ポピー畑は、昨年の1/6くらいに規模が縮小されており、明らかにしょぼい状況...

今年も「アツミゲシ」が生育しているようで、05/23、24の『小貝川フラワーフェスティバル』後には摘み取り大会を中止し、早々と刈り取りに入るという。

来年以降、微妙だなぁ~(-_-;

今週は天気が微妙で、昨日も湿度が高く、ややもやっていましたが、朝日をしっかり拝むことができました。

もちろん、ダイヤモンド筑波もね(^_-)-☆

ダイヤモンド筑波は週末アップ予定です。

本記事は予約投稿です。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

小貝川ふれあい公園 2008 Part.1

Hureaipark_017 *Photography data*
SONY α700 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA ,DRO-AdvanceLevel3,Jpeg 撮影,SILKYPIX Developer Studio 3.0Jpeg現像

茨城県下妻市にある小貝川ふれあい公園のポピー畑です。
丁度この時期は、筑波山頂からの日の出のシーンがとても美しいので、平日にもかかわらずかなりのカメラマンがいらっしゃいました。
先日、栽培が禁止されているケシが誤って植えられていたということで、ケシの苗を抜き取ったというニュースがやってましたが、所々抜き取られた後がありました。
今回は日の出直前のシーンを掲載しております。ダイヤモンド筑波?!のシーンもありますので、これは後日言うことで。。。f(^ー^;

本記事は予約投稿です。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

その他のカテゴリー

Colored leaves | St Luke's Garden | VIDEO:SONY NEX VG-10 | お知らせ:fotolia | お知らせ:PIXTA | イベント:2007クリスマス・ライトダウンストーリー | イベント:2007年伊勢崎利根川花火大会(祝・特例市誕生) | イベント:2007年第二回古河花火大会 | イベント:2008年第三回古河花火大会 | イベント:2008年第15回にのみや夏まつり大花火大会 | イベント:Candle Cafe 2006 | イベント:TOWERS Milight2006 | イベント:TOWERS Milight2007 | イベント:平成二十年度越後片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 | カップメン | ガーデニング | グルメ・クッキング | シーン:Evening glow | シーン:Illminations | シーン:Moring glow | シーン:Night view | シーン:The night view of the factory | スイーツ | スイーツ:マンゴー | デジタルカメラ:CANON EOS 7D | デジタルカメラ:OLYMPUAS E-10 | デジタルカメラ:PENTAX K-5 | デジタルカメラ:PENTAX K-7 | デジタルカメラ:PENTAX K10D | デジタルカメラ:PowerShot G11 | デジタルカメラ:PowerShot G9 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX100 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX10Ⅲ | デジタルカメラ:SONY NEX-5 | デジタルカメラ:SONY NEX-5N | デジタルカメラ:SONY NEX-7 | デジタルカメラ:SONY α100 | デジタルカメラ:SONY α700 | デジタルカメラ:SONY α77 | デジタルカメラ:SONY α7R | デジタルカメラ:SONY α7R II | デジタルカメラ:SONY α900 | デジタルカメラ:SONY α99 | デジタルカメラ:SONY α99 II | ニュース | パソコン・インターネット | ビデオカメラ:SONY HDR-CX550V | ビデオカメラ:SONY NEX-VG10 | ラーメン | レンズ:CANON EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM | レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA | レンズ:Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM Ⅱ | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS | レンズ:KONICA MINOLTA AFズーム24-105mmF3.5-4.5(D) | レンズ:PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL WR | レンズ:PENTAX DA12-24mmF4 ED AL[IF] | レンズ:PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM | レンズ:PENTAX DA★60-250mmF4ED [IF] SDM | レンズ:SIGMA 12-24mmF4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL | レンズ:SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE | レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO | レンズ:SIGMA 24-105mm F4 DG Art | レンズ:SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG ASPHERICAL DF | レンズ:SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM | レンズ:SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG | レンズ:SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF | レンズ:SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM | レンズ:SONY DT 16-50mmm F2.8 SSM | レンズ:SONY E10-18mm F4 OSS | レンズ:SONY E18-200mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY E18-55mm F3.5-5.6 OSS | レンズ:SONY E50mm F1.8 OSS | レンズ:SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS | レンズ:SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS | レンズ:TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 | レンズ:TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] MACRO | レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di USD (Model A005) | レンズ:TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F017) | レンズ:TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] | レンズ:TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 | レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di LD(IF) MACRO1:1 | 住まい・インテリア | 写真 | 動物:シロイルカ | 動画 | 場所:JOCX TV | 場所:NTV | 場所:お台場 | 場所:かつしかハープ橋 | 場所:さいたま市染谷花しょうぶ園 | 場所:ゆり園(西武グループ) | 場所:アーバンドック ららぽーと豊洲 | 場所:テレコムセンター | 場所:トリトンスクエア | 場所:レインボーブリッジ | 場所:上三依水生公園 | 場所:世界貿易センタービル | 場所:京成バラ園 | 場所:伊奈町制施行記念公園 | 場所:八景島シーパラダイス | 場所:六本木ヒルズ(東京シティビュー) | 場所:加須・童謡のふる里・おおとね | 場所:加須浮野の里 | 場所:千鳥ヶ淵公園 | 場所:千鳥町 | 場所:国営昭和記念公園 | 場所:国営武蔵嵐山森林公園 | 場所:城南島海浜公園 | 場所:埼玉久喜青毛堀川 | 場所:奥利根 | 場所:奥利根-坤六峠 | 場所:奥日光・蛇王の滝 | 場所:奥日光山王林道 | 場所:奥日光栗山地区 | 場所:奥日光瀬戸合峡 | 場所:奥秩父大血川渓谷 | 場所:奥秩父雁坂峠・豆焼橋 | 場所:奥能登 | 場所:奥能登-珠洲市三崎町寺家 | 場所:奥能登-禄剛崎灯台 | 場所:奥能登-輪島市白米千枚田 | 場所:奥能登-見附島 | 場所:奥能登-輪島市曽々木海岸 | 場所:奥能登-輪島朝市 | 場所:富士山 | 場所:小貝川ふれあい公園 | 場所:嵐山菅谷館跡 | 場所:巾着田 | 場所:幸手権現堂堤 | 場所:文京区シビックセンター | 場所:日光 | 場所:日光・瀬戸合峡 | 場所:日光湯ノ湖 | 場所:日光湯滝 | 場所:日光神橋 | 場所:日光竜頭ノ滝 | 場所:日光霧降の滝 | 場所:日光霧降高原 | 場所:晴海埠頭 | 場所:東京ゲートブリッジ | 場所:東京スカイツリー | 場所:東京タワー | 場所:東松山ぼたん園 | 場所:栃木県佐野市みかも山公園かたくりの里 | 場所:森戸海岸 | 場所:横浜SkyWalk | 場所:横浜みなとみらい21 | 場所:横浜ベイブリッジ | 場所:横浜マリンタワー | 場所:横浜山下公園 | 場所:横浜日本丸 | 場所:横浜氷川丸 | 場所:横浜汽車道 | 場所:横浜税関 | 場所:横浜赤レンガ倉庫 | 場所:江ノ島 | 場所:江戸川河川敷 | 場所:浮島町 | 場所:浮間公園 | 場所:渡良瀬遊水池 | 場所:照葉峡 | 場所:秩父・中津峡 | 場所:秩父・金蔵落しの渓流 | 場所:秩父羊山公園 | 場所:筑波山 | 場所:箭弓稲荷神社 | 場所:群馬県立つつじヶ岡公園 | 場所:聖路加ガーデン | 場所:茨城・国営ひたち海浜公園 | 場所:茨城県筑西市・母子島 | 場所:荒川・木根川橋 | 場所:菅生沼 | 場所:行田古代蓮の里 | 場所:豊洲ららぽーと | 場所:足利フラワーパーク | 場所:野反湖 | 場所:関宿城趾公園 | 場所:隅田川・中央大橋/リバーシティ21 | 場所:隅田川・勝鬨橋 | 場所:隅田川・吾妻橋 | 場所:隅田川・永代橋 | 場所:隅田川・清洲橋 | 場所:隅田川・白鬚橋 | 場所:隅田川・言問橋 | 場所:飯能吾妻峡 | 場所:首都高速・江北ジャンクション | 天体:Moon | 天体:Star | 女船頭 | 携帯カメラ:au W54SA | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫:蝉 | 昆虫:蝶 | 映画・テレビ | 植物:アスター | 植物:アッツ桜 | 植物:アネモネ | 植物:アヤメ | 植物:コリウス | 植物:ジニア | 植物:ジャーマンアイリス | 植物:チューリップ | 植物:ニッコウキスゲ | 植物:ネモフィラ | 植物:ハイビスカス | 植物:ヒマラヤの青いケシ | 植物:ポピー | 植物:ムスカリ | 植物:ラナンキュラス | 植物:ルピナス | 植物:一輪草 | 植物:九輪草 | 植物:二輪草 | 植物:八重咲一華 | 植物:千日紅 | 植物:向日葵 | 植物:吾木香 | 植物:夏水仙 | 植物:大文字草 | 植物:女郎花 | 植物:姫立金花 | 植物:山百合 | 植物:岩沙参 | 植物:布袋葵 | 植物:座禅草 | 植物:彼岸花 | 植物:忘れ草 | 植物:朝顔 | 植物:杜若 | 植物:東一華 | 植物:桔梗 | 植物:桜 | 植物:梅 | 植物:梅花唐松 | 植物:梅花黄蓮 | 植物:梅鉢草 | 植物:浅沙 | 植物:浜萱草 | 植物:烏瓜 | 植物:照波 | 植物:片栗 | 植物:牡丹 | 植物:現の証拠 | 植物:百合(ハイブリット系) | 植物:皇帝ダリア | 植物:矢車菊 | 植物:禊萩 | 植物:福寿草 | 植物:秋明菊 | 植物:秋桜 | 植物:筆竜胆 | 植物:節分草 | 植物:節黒仙翁 | 植物:素心蝋梅 | 植物:紫陽花 | 植物:紫雲英 | 植物:翁草 | 植物:胡蝶蘭 | 植物:芍薬 | 植物:芝桜 | 植物:花菖蒲 | 植物:花虎の尾 | 植物:花魁草 | 植物:苧環 | 植物:菊咲一華 | 植物:華鬘草 | 植物:萩 | 植物:蓮 | 植物:蓮華升麻 | 植物:蕎麦 | 植物:薔薇 | 植物:藤 | 植物:躑躅 | 植物:透かし百合 | 植物:酔芙蓉 | 植物:野花菖蒲 | 植物:釣鐘人参 | 植物:鏡蓋 | 植物:雪割草 | 植物:面高 | 植物:駒草 | 植物:高砂百合 | 植物:鬼百合 | 植物:鬼蓮 | 植物:鳥兜 | 植物:鹿の子百合 | 植物:黄花秋桜 | 植物:黄花菖蒲 | 植物:黒種草 | 病気記録:2009年脛骨粉砕骨折 | | 花火 | 趣味 | 野鳥 | 鳥:尉鶲 | 鳥:瑠璃鶲 | 鳥:白鳥 | 鳥:紅猿子 | 鳥:鴨

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキングに参加しております。

  • にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

    いつもいつも応援ありがとうなのです。(*^-^)ニコ

Midi素材リンク

  • Lizさんのサイトへ

    Lizさんのサイトです

<注意>

  • ★注意(CAUTION)★
    当ブログに掲載されている写真・動画は、著作者に帰属します。 無断転載は禁止します。無断使用が発覚した場合、法律に基づき厳正に対処させていただきます。 見つけた写真・動画を転載・二次利用したい場合は、基本的に著作者の許諾が必要です。 以下のメールアドレスに連絡願います。 『nanagokochi@hotmail.co.jp』

私のHPを作りました。

  • 是非、ご覧くださいね♪

fotoliaさんで写真販売初めました。

  • Fotolia

    こちらもご覧ください