東一華 2011 Part.2

_2011002

_2011007

*Photography data*
SONY α900 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 ,DRO-Advance Lv.2,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

2011/04/02(土)撮影。

再び、栃木県佐野市の三毳山で撮影した、東一華(アズマイチゲ)です。

地植えにすると、一般の家庭でもうまく殖えて育てやすいとの事ですが、やはりそれなりに水や肥料をあげのを忘れたり、遮光など風通しなど考えずに植えるとすぐにダメになるようです。

ここ数年、35℃以上の酷暑の続く首都圏ではなかなか育てるのが難しそうです。

やはり自然が一番なんでしょうね・・・

可憐な白い花姿を見ると、疲れた心も癒してくれます。

なお、前回ご説明しましたが、白い花弁の様な部分は、実は萼(ガク)です。雪割草や福寿草などとと同じくキンポウゲ科の花では共通の特徴です。

*アズマイチゲ(東一華)*
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。草丈:30~40cm、花径:3~6cm。
別名:ウラベニイチゲ、学名:Anemone. raddeana f. integra
名前の由来は、主に東日本に多く分布していることが、東(あずま)の由来。
春一番に咲く野草の1つ。雪国の林で、雪解けと同時に一斉に花開く。葉をだらりと垂れる様に展開する姿が、大きな特徴となっている。カタクリとともに群生することが多い。キクザキイチゲとは葉の形が異なり、鋸歯が尖っていない。
花言葉:耐え忍ぶ恋

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポ チッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

続きを読む "東一華 2011 Part.2" »

久々のラーメン

Photo 本日の昼食です。

待ちに待った、ラーメンでございます(笑)。

みそラーメンということで、コーンにもやし、挽き肉と具材も本格的で、味の方も鶏ガラベースのあっさり風味のスープにまろやかな味噌の味わいは、お店のラーメンに負けておりませんです。

久々のラーメンを食べたら、午後からのリハビリも気合いが入りそうです。

☆o(*⌒O⌒)bファイト!!

ちぃ~らしぃ~♪ずしぃ~なぁ~ら♪

Mesi_0828005 ちぃ~らしぃ~♪ずしぃ~なぁ~ら♪

ということで、本日の昼食は五目ちらし寿司でした。

ここの病院食は結構バリエーションがあるんで飽きませんです。

リハビリ以外することが無く、もうかれこれ1ヶ月半です。

昨日より松葉杖無しの全荷重の歩行訓練が始まりました。

はたから見ると完全によちよち歩きの状態ですね(笑)

太ももの筋力はかなり回復してますが、膝のお皿が安定しませんです。

体重の掛けた方が悪いのかなぁ~?

歩く度に膝に激痛が走ります。

ちょっとした壁ですね

乗り越えないとね。。。

今日は、リハビリが休みなので、しっかり自主練しようと思います。

さて、月曜日に非常勤のリハビリドクターが来るとの事。。。

私も診てもらうことになったので、色々練習方法とか聞こうと思います。

噂では相当な人物らしく、嘘か本当か『黄金の手』と呼ばれているそうな?!

とても楽しみです。

カレーもいいけどハヤシもね♪

Mesi_0825001 『カレーもいいけどハヤシもね♪』

昔、ク○レカレーのCMでやっていた『おせちもいいけど、カレーもね!』のパクリです(笑)

今度は病院食で出たハヤシライスです。

やはりぬるいのですが、お肉もそこそこ入っていて、なかなか美味しかったですよん!

さて、昨日の主治医の回診で、レントゲンからの所見として脛骨(太く内側の骨)、腓骨(細く外側の骨)とも部分的に骨折線はまだ明確にあるものの、完全に整復された状態で仮骨が進んで(骨がくっついて)きているので、いつでも退院できますとのこと。。。

ただ、病室も空いてるんでしばらくノンビリしていけばと言われました(笑)

入院時バランバランに砕けた骨の像からすると雲泥の差です。

とりあえず、超音波治療など特殊なものもやっているので、週末からの全荷重でのリハビリの様子を伺いつつって来週以降で判断って感じでしょうかね...

退院後は通院での治療になりますが、自宅から病院までかなり遠い(電車で片道2時間半)ので、迷いどころです。

日々、昼間のリハビリのやり過ぎか、足が丸太の様に腫れてむくみが出るんですが、翌日のは腫れが引くといった感じです。

仲良くなった他の患者さんに、リハビリやり過ぎだって言われております。(;^_^A アセアセ…

なんか嬉しくなる(*^-^)ニコ

Mesi_0810001

08/10の昼食で出たカレーです。

見た目と言い、味と言い、小学校の頃の給食カレーを思い起こさせます。

ぬるくてめちゃ甘カレーですが、美味しいんですよねぇ~

こういうメニューはなんだか嬉しくなりますね。。。(*^-^)ニコ

リハビリは順調なんですが、自分なりに状況を検証すると...

膝が安定しない→足首に負担がかかる→足関節痛になる。

そんな状況でしょうか?!

やはり太ももの筋肉が弱いんですよねぇ~

リハ担当に教わった自主トレメニューの中でスクワットをこなしているんですが、まだまだ鍛え方が足りない感じです。

週末からの全荷重(怪我した足に全体重をかける)が始まるのですが、不安材料です。

次の全荷重まで、今日を入れて4日!ピッと気合いを入れて鍛え足りないところは鍛えていくまでですなぁ~

がむばりますです。

自分、☆o(*⌒O⌒)bファイト!!

めし。。。

Mesi_0812001 Mesi_0812002

病院食です。

さんまの塩焼きが出てくるとは思いませんでした。(笑)

骨折なので、食事制限が無いです。

味もそこそこ美味しいと思います。

ちなみに今夜は、メンチカツです。

さぁ、明日から2/3荷重での歩行訓練です。

まだ、膝の筋力が弱く安定しないのでヤバイのですが、何とか食らいついていきたいと思います。

会社から、とっとと復帰しろのメールが。。。(笑)

とりあえずこのご時世で戻る場所があるのはありがたいことですな。。。

野花菖蒲

ちょうど杜若の花を撮影しに行ったとき、同じ場所に生えていた野花菖蒲の花です。
杜若との違いは、花の根元の模様が黄色い筋が入っている所でしょうか?!
杜若が白い筋で清楚な雰囲気なのに対して、とても艶やかな印象です。

先日、自宅近所のホームセンターで杜若と野花菖蒲の苗が売っていたのです。
買いたい病が発病しかかりましたが、水辺はさすがに作れないから諦めました。
う~ん、ちょっとくやじぃクプー(x_x)

花言葉の大人の付き合いにちょっとドキっとしたりして。。。f(^ー^;

ものは、試しに参加してみました。もしよろしければ、『くぷ~☆』と一押しを(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログへ

 

*ノハナショウブ(野花菖蒲)*
アヤメ科アヤメ属の多年草。草丈:80cm~1m、花径:10~13cm、花期:6~7月。
野山の湿った場所を好む多年草。園芸品種のハナショウブ(花菖蒲)の原種とされる。北海道~四国、九州でみられる。アヤメ科特有の花形で、内花被片3枚は立ち上がり、外花被片3枚は垂れ下がる。葉は、剣状で長さ20~50cm、幅5~15mm、太く盛り上がった中央の脈が特徴的。五月の節句に菖蒲湯に使われるサトイモ科のショウブの葉と似ている。まっすぐに伸びた花茎の先に、径10~13cmの花を付ける。
花言葉:大人の付き合い

*Photography data*
SONY α100 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 , RAW撮影 SILKYPIX Developer Studio 3.0現像

本記事は予約投稿です。

Kakitubata_2007003 Kakitubata_2007008

続きを読む "野花菖蒲" »

群馬県立つつじヶ岡公園の躑躅 特別編

躑躅シリーズは終わりましたが、つつじヶ岡公園の躑躅シリーズの特別編!
もちろん既に花は終わってますが、藤の花です。
今年は、まともな藤の花はここで見ただけなんです。
GWの休みに足利フラワーパークに行こうかなって思ったけど、そこまでの体力がありませんでした。
来年はもう少し時間を作って見に行きたいな~

ネタが古すぎでずびばぜん。。。(-_-;

カップラ禁止週間は今週も続けてます。
私の席にはしっかりと赤いきつねやペヤングなどが置いてあります。
いつまでも我慢できるかな?!f(^ー^;

*フジ (藤)*
マメ科の蔓性の落葉木本である。
春、4月から5月にかけて淡紫色または白色の花を房状に垂れ下げて咲かせる。古来、日本人にこよなく愛され、用いられてきた。
フジ属は、日本、北アメリカ、東アジアに自生し、日本固有種としてはノダフジとヤマフジの2種がある。このほか、中国でシナフジ、欧米でアメリカフジなども栽培されている。
日本には、「フジ(ノダフジ)」と「ヤマフジ」という2種類の日本固有種がある。 園芸植物としては、日本では「藤棚」に仕立てられることが多い。白い品種もある。 つる性の植物で、商品価値の高い柱となるような樹木の上部を覆い、その光合成を妨げるほか、幹を変形させ商品価値を損ねる。このため、植林地など手入れの行き届いた人工林では、藤のツルは刈り取られる。これは、逆にいえば、手入れのされていない山林で藤を多く見られるということである。近年、日本の山林で藤の花が咲いている風景が増えてきた要因としては、木材の価格が下落したことによる管理放棄や、藤蔓を使った細工(籠など)を作れる人が減少したことが挙げられる。
-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-

今夜はお泊まり仕事。。。どうせ寝られないしねf(^ー^;

今日はブログ巡りはお休みしますです。

本記事は予約投稿です。

*Photography data* PENTAX K10D , SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO , RAW撮影 , SILKYPIX Developer Studio 3.0現像 SONY α100 , Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA , RAW撮影 SILKYPIX Developer Studio 3.0現像

Tutuji_2007013 Tutuji_2007016

続きを読む "群馬県立つつじヶ岡公園の躑躅 特別編" »

群馬県立つつじヶ岡公園の躑躅 其の二

最近、仕事の忙しさにかまけて自分の健康について、あまり振り返らなくなったなぁ~(-_-;
とりあえず、歩け歩け週間なので、万歩計を腰に付けてます。
1日1万歩を目標に、大体、1万5千歩~1万8千歩くらいでしょうか?内勤で最も歩かないイメージのコンピュータSE、意外に歩いてます。(;^_^A アセアセ…
後はカップラを1週間やめようと思います。無理かなぁ~?(@_@)

つつじヶ岡公園の躑躅シリーズ其の二です。

日曜日、コンピュータシステムのテストで出勤だったのだけど、急遽、トラブル対応で土曜日夜勤に変更!
夜勤はしんどいけど、日曜日の午後からフリーになるのはある意味良かったかな?
岩盤浴に行く暇出来たしね(*^-^)ニコ

ただいま、終電で記事アップ中、ノートPCだと難しいねぇ~(-_-;

*Photography data*
PENTAX K10D , SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO , RAW撮影 , SILKYPIX Developer Studio 3.0現像
SONY α100 , Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA , RAW撮影 SILKYPIX Developer Studio 3.0現像

ちなみにもうすぐ、40,000アクセス?嬉しいなぁ~。。。
皆さん、本当ありがとうなのだぁ~★
あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)う(^ー^)ノ

Tutuji_2007019 Tutuji_2007005 Tutuji_2007006 Tutuji_2007007 Tutuji_2007018

ジャーマンアイリス

近所の畑に植えてあった、ジャーマンアイリスが花を開きました。
丁度、先日の夜勤明けに撮影したものですが、夕日がなかなかナイスな演出をしてくれました。

近々、色々紹介したいのですが、アヤメの仲間、開花が始まっております。
これはもう、楽しみになってきましたよ♪(*^-^)ニコ

今日はさすがにお泊まり仕事はやめて帰宅、でも05/13はまたシステムテスト、本当はその準備をしないといけないんですよねぇ!
でも、どうも気分が入っていかない...やはり疲れてるのかなぁ~
とりあえず寝ないと。。。お(^o^-) や(o^O^) す(^。^o) みぃ(o^-^)ヾ

記事がアップされる頃は爆睡中でしょう* ・・(o_ _)oZZzz..

*ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)*
アヤメ科アイリス属の多年草。耐寒性宿根草である。原産地:地中海沿岸。花期:5~6月。草丈:60cm~1m。
アイリスの中では、色彩が最もカラフルで、その色彩の多彩である。多湿を避け、常に乾燥気味に管理することさえ守れば、栽培はさほど難しくない。
花色は非常に豊富で、内側と外側の花弁が同じ色のものと、異なる複色がある。
色は、白、黄、黄茶、桃、橙、藤色、紫などですが、複色にいろいろな変化がある。
高温多湿にやや弱く、どちらかといえば、夏の涼しいところの方が栽培は容易だが、暖地でも十分に花を楽しむことが可能。

*Photography data*
SONY α100 , TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 , RAW撮影 SILKYPIX Developer Studio 3.0現像

本記事は予約投稿です。

German_iris_000 German_iris_001

続きを読む "ジャーマンアイリス" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Colored leaves | St Luke's Garden | VIDEO:SONY NEX VG-10 | お知らせ:fotolia | お知らせ:PIXTA | イベント:2007クリスマス・ライトダウンストーリー | イベント:2007年伊勢崎利根川花火大会(祝・特例市誕生) | イベント:2007年第二回古河花火大会 | イベント:2008年第三回古河花火大会 | イベント:2008年第15回にのみや夏まつり大花火大会 | イベント:Candle Cafe 2006 | イベント:TOWERS Milight2006 | イベント:TOWERS Milight2007 | イベント:平成二十年度越後片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 | カップメン | ガーデニング | グルメ・クッキング | シーン:Evening glow | シーン:Illminations | シーン:Moring glow | シーン:Night view | シーン:The night view of the factory | スイーツ | スイーツ:マンゴー | デジタルカメラ:CANON EOS 7D | デジタルカメラ:OLYMPUAS E-10 | デジタルカメラ:PENTAX K-5 | デジタルカメラ:PENTAX K-7 | デジタルカメラ:PENTAX K10D | デジタルカメラ:PowerShot G11 | デジタルカメラ:PowerShot G9 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX100 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX10Ⅲ | デジタルカメラ:SONY NEX-5 | デジタルカメラ:SONY NEX-5N | デジタルカメラ:SONY NEX-7 | デジタルカメラ:SONY α100 | デジタルカメラ:SONY α700 | デジタルカメラ:SONY α77 | デジタルカメラ:SONY α7R | デジタルカメラ:SONY α7R II | デジタルカメラ:SONY α900 | デジタルカメラ:SONY α99 | デジタルカメラ:SONY α99 II | ニュース | パソコン・インターネット | ビデオカメラ:SONY HDR-CX550V | ビデオカメラ:SONY NEX-VG10 | ラーメン | レンズ:CANON EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM | レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA | レンズ:Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM Ⅱ | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS | レンズ:KONICA MINOLTA AFズーム24-105mmF3.5-4.5(D) | レンズ:PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL WR | レンズ:PENTAX DA12-24mmF4 ED AL[IF] | レンズ:PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM | レンズ:PENTAX DA★60-250mmF4ED [IF] SDM | レンズ:SIGMA 12-24mmF4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL | レンズ:SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE | レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO | レンズ:SIGMA 24-105mm F4 DG Art | レンズ:SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG ASPHERICAL DF | レンズ:SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM | レンズ:SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG | レンズ:SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF | レンズ:SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM | レンズ:SONY DT 16-50mmm F2.8 SSM | レンズ:SONY E10-18mm F4 OSS | レンズ:SONY E18-200mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY E18-55mm F3.5-5.6 OSS | レンズ:SONY E50mm F1.8 OSS | レンズ:SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS | レンズ:TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 | レンズ:TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] MACRO | レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di USD (Model A005) | レンズ:TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F017) | レンズ:TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] | レンズ:TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 | レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di LD(IF) MACRO1:1 | 住まい・インテリア | 写真 | 動物:シロイルカ | 動画 | 場所:JOCX TV | 場所:NTV | 場所:お台場 | 場所:かつしかハープ橋 | 場所:さいたま市染谷花しょうぶ園 | 場所:ゆり園(西武グループ) | 場所:アーバンドック ららぽーと豊洲 | 場所:テレコムセンター | 場所:トリトンスクエア | 場所:レインボーブリッジ | 場所:上三依水生公園 | 場所:世界貿易センタービル | 場所:京成バラ園 | 場所:伊奈町制施行記念公園 | 場所:八景島シーパラダイス | 場所:六本木ヒルズ(東京シティビュー) | 場所:加須・童謡のふる里・おおとね | 場所:加須浮野の里 | 場所:千鳥ヶ淵公園 | 場所:千鳥町 | 場所:国営昭和記念公園 | 場所:国営武蔵嵐山森林公園 | 場所:城南島海浜公園 | 場所:埼玉久喜青毛堀川 | 場所:奥利根 | 場所:奥利根-坤六峠 | 場所:奥日光・蛇王の滝 | 場所:奥日光山王林道 | 場所:奥日光栗山地区 | 場所:奥日光瀬戸合峡 | 場所:奥秩父大血川渓谷 | 場所:奥秩父雁坂峠・豆焼橋 | 場所:奥能登 | 場所:奥能登-珠洲市三崎町寺家 | 場所:奥能登-禄剛崎灯台 | 場所:奥能登-輪島市白米千枚田 | 場所:奥能登-見附島 | 場所:奥能登-輪島市曽々木海岸 | 場所:奥能登-輪島朝市 | 場所:富士山 | 場所:小貝川ふれあい公園 | 場所:嵐山菅谷館跡 | 場所:巾着田 | 場所:幸手権現堂堤 | 場所:文京区シビックセンター | 場所:日光 | 場所:日光・瀬戸合峡 | 場所:日光湯ノ湖 | 場所:日光湯滝 | 場所:日光神橋 | 場所:日光竜頭ノ滝 | 場所:日光霧降の滝 | 場所:日光霧降高原 | 場所:晴海埠頭 | 場所:東京ゲートブリッジ | 場所:東京スカイツリー | 場所:東京タワー | 場所:東松山ぼたん園 | 場所:森戸海岸 | 場所:横浜SkyWalk | 場所:横浜みなとみらい21 | 場所:横浜ベイブリッジ | 場所:横浜マリンタワー | 場所:横浜山下公園 | 場所:横浜日本丸 | 場所:横浜氷川丸 | 場所:横浜汽車道 | 場所:横浜税関 | 場所:横浜赤レンガ倉庫 | 場所:江ノ島 | 場所:江戸川河川敷 | 場所:浮島町 | 場所:浮間公園 | 場所:渡良瀬遊水池 | 場所:照葉峡 | 場所:秩父・中津峡 | 場所:秩父・金蔵落しの渓流 | 場所:秩父羊山公園 | 場所:筑波山 | 場所:箭弓稲荷神社 | 場所:群馬県立つつじヶ岡公園 | 場所:聖路加ガーデン | 場所:茨城・国営ひたち海浜公園 | 場所:茨城県筑西市・母子島 | 場所:荒川・木根川橋 | 場所:菅生沼 | 場所:行田古代蓮の里 | 場所:豊洲ららぽーと | 場所:足利フラワーパーク | 場所:野反湖 | 場所:関宿城趾公園 | 場所:隅田川・中央大橋/リバーシティ21 | 場所:隅田川・勝鬨橋 | 場所:隅田川・吾妻橋 | 場所:隅田川・永代橋 | 場所:隅田川・清洲橋 | 場所:隅田川・白鬚橋 | 場所:隅田川・言問橋 | 場所:飯能吾妻峡 | 場所:首都高速・江北ジャンクション | 天体:Moon | 天体:Star | 女船頭 | 携帯カメラ:au W54SA | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫:蝉 | 昆虫:蝶 | 映画・テレビ | 植物:アスター | 植物:アッツ桜 | 植物:アネモネ | 植物:アヤメ | 植物:コリウス | 植物:ジニア | 植物:ジャーマンアイリス | 植物:チューリップ | 植物:ニッコウキスゲ | 植物:ネモフィラ | 植物:ハイビスカス | 植物:ヒマラヤの青いケシ | 植物:ポピー | 植物:ムスカリ | 植物:ラナンキュラス | 植物:ルピナス | 植物:一輪草 | 植物:九輪草 | 植物:二輪草 | 植物:八重咲一華 | 植物:千日紅 | 植物:向日葵 | 植物:吾木香 | 植物:夏水仙 | 植物:大文字草 | 植物:女郎花 | 植物:姫立金花 | 植物:山百合 | 植物:岩沙参 | 植物:布袋葵 | 植物:座禅草 | 植物:彼岸花 | 植物:忘れ草 | 植物:朝顔 | 植物:杜若 | 植物:東一華 | 植物:桔梗 | 植物:桜 | 植物:梅 | 植物:梅花唐松 | 植物:梅花黄蓮 | 植物:梅鉢草 | 植物:浅沙 | 植物:浜萱草 | 植物:烏瓜 | 植物:照波 | 植物:片栗 | 植物:牡丹 | 植物:現の証拠 | 植物:百合(ハイブリット系) | 植物:皇帝ダリア | 植物:矢車菊 | 植物:禊萩 | 植物:福寿草 | 植物:秋明菊 | 植物:秋桜 | 植物:筆竜胆 | 植物:節分草 | 植物:節黒仙翁 | 植物:素心蝋梅 | 植物:紫陽花 | 植物:紫雲英 | 植物:翁草 | 植物:胡蝶蘭 | 植物:芍薬 | 植物:芝桜 | 植物:花菖蒲 | 植物:花虎の尾 | 植物:花魁草 | 植物:苧環 | 植物:菊咲一華 | 植物:華鬘草 | 植物:萩 | 植物:蓮 | 植物:蓮華升麻 | 植物:蕎麦 | 植物:薔薇 | 植物:藤 | 植物:躑躅 | 植物:透かし百合 | 植物:酔芙蓉 | 植物:野花菖蒲 | 植物:釣鐘人参 | 植物:鏡蓋 | 植物:雪割草 | 植物:面高 | 植物:駒草 | 植物:高砂百合 | 植物:鬼百合 | 植物:鬼蓮 | 植物:鳥兜 | 植物:鹿の子百合 | 植物:黄花秋桜 | 植物:黄花菖蒲 | 植物:黒種草 | 病気記録:2009年脛骨粉砕骨折 | | 花火 | 趣味 | 野鳥 | 鳥:尉鶲 | 鳥:瑠璃鶲 | 鳥:白鳥 | 鳥:紅猿子 | 鳥:鴨

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキングに参加しております。

  • にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

    いつもいつも応援ありがとうなのです。(*^-^)ニコ

Midi素材リンク

  • Lizさんのサイトへ

    Lizさんのサイトです

<注意>

  • ★注意(CAUTION)★
    当ブログに掲載されている写真・動画は、著作者に帰属します。 無断転載は禁止します。無断使用が発覚した場合、法律に基づき厳正に対処させていただきます。 見つけた写真・動画を転載・二次利用したい場合は、基本的に著作者の許諾が必要です。 以下のメールアドレスに連絡願います。 『nanagokochi@hotmail.co.jp』

私のHPを作りました。

  • 是非、ご覧くださいね♪

fotoliaさんで写真販売初めました。

  • Fotolia

    こちらもご覧ください