勝鬨橋 Part.2

_0066

_0065

*Photography data*
SONY  NEX-7 ,Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA ,ISO100,F11,RAW ,Image Data Converter Ver. 4現像

先週の中央大橋に引き続き先週の日曜日に撮影したNEX-7の作例です。

二つ下流にかかる隅田川の勝鬨橋です。緑のライトアップと可動橋のため、中央部にある開閉部があるのが特徴です。

大型船舶が航行が無いことと、交通渋滞などから開閉は1970年11月29日を最後に開閉を止めております。

今回は左岸上流より撮影しました。

撮影どうこうというより寒かった。。。

温感クリームを塗って手袋をしていても手が悴む一方!リモコンシャッターを押す指もすぐに感覚がなくなってきます。

今年の寒さは身に染みます。

昨日も、別の場所で撮影しましたが、気温も10度を超え暖かかったでしたねぇ

**********************************************************

<お知らせ>

2012/02/05(日)現在、写真販売サイト『PIXTA』での販売ストックは先週372枚より一気に75枚増え、447枚となり、400枚を突破しました。

私の専用HP(ハンドルネームはIssey)の販売ストックに掲載されておりますのでもしよろしかったら、ご覧ください。

中でもおすすめは、12月23、24、31日に臨時で行われた東京スカイツリーのライトアップの写真です。寒風吹く中、24日にスカイツリーのビュースポットに出向き、撮影しました。

こちらから、販売ページがご覧になれます。(01/10付けで増えてます。是非ご覧ください)

http://pixta.jp/photo/3839134

http://pixta.jp/photo/3888889

http://pixta.jp/photo/3839160

http://pixta.jp/photo/3839139

http://pixta.jp/photo/3839133

http://pixta.jp/photo/3839146

http://pixta.jp/photo/3839147

http://pixta.jp/photo/3839148

http://pixta.jp/photo/3842382

http://pixta.jp/photo/3849264

また『fotolia』さんでも販売ストックがございます。もしよろしければ、ご覧になってください。

02/05(日)現在、32枚の写真が販売ストックされております。

fotolia』さんで、01/08(日)私のブログからアフェリエイト登録していただいた方がいらっしゃいました。

ご登録者様、ありがとうございました。

Fotolia

**********************************************************

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

勝鬨橋 Part.1 -2011/12/05,06 PIXTAで3作品ご購入頂きました-

_001

_003

_002

*Photography data*
[1,3枚目]SONY α77 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA ,ISO50,F11,RAW ,Image Data Converter Ver. 4現像
[2枚目]SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ,ISO100,F13,RAW ,Image Data Converter Ver. 4現像

今回は、隅田川にかかる橋の一つ、グリーンのライトアップが美しい勝鬨橋です。

日没後のグラデーションが非常に綺麗な時間帯に撮影したモノです。

二枚は、新古品のα900です。

α77も良いですが、900の方が使いなじんでいたせいか、しっくり来ますね・・・

これで節電の関係で中止となっていた隅田川ライトアップも今月から元の輝きが戻ってますね...

そういえば、すっかり忘れていたのですが、聖路加ガーデンの展望室が昨年で閉鎖になっておりました。

先日、撮影に訪れて最上階に上がろうとしたのですが、階段が行き止まり・・・

併設されているレストランのスタッフに訪ねると閉鎖になったとのこと!思い出しました。

あちゃ~(^^ゞ

速攻、タワーを降りてダッシュで隅田川沿いへ。。。

直接橋のたもとに行き、撮影しました。α2台、三脚2台、交換レンズ4本の重装備でしたので、息切れが激しかったです。(*´Д`)ノ '`ァ'`ァ

**********************************************************

<お知らせ>

12/05(月)に再びPIXTAで1作品、12/06(火)に2作品ご購入いただきました。PIXTAおよびFotoliaトータルで12枚目の販売です。

12/06(火)の2作品は初めて大判(XLサイズ:\5,250)となっております。

嬉しい♪(o´∀`o)

ご購入者様、本当にありがとうございます。<(_ _)>

2011/12/10(土)現在、写真販売サイト『PIXTA』での販売ストックは先週より7枚増え、220枚となっております。

私の専用HP(ハンドルネームはIssey)の販売ストックに掲載されておりますのでもしよろしかったら、ご覧ください。

また『fotolia』さんでも販売ストックがございます。もしよろしければ、ご覧になってください。

12/10(土)現在、29枚の写真が販売ストックされております。

Fotolia

**********************************************************

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

勝鬨橋 Part.2

_004

*Photography data*
PENTAX K-5 ,PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM ,RAW+ ,PENTAX Digital Camera Utility 4現像

勝鬨橋の第二弾です。

今回は、橋の東側よりクローズアップしての撮影です。

隅田川の橋は新大橋の黄色、清洲橋の青&ピンク、永代橋の水色、そしてこの勝鬨橋の緑とそれぞれに個性が有り、夜景撮影も楽しくなりますね・・・

これは、昨年12月下旬に撮影したものです。

まだまだ忙しい状況が続いており、なかなかブログ更新が遅れておりますが、ご了承ください!<(_ _)>

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

続きを読む "勝鬨橋 Part.2" »

勝鬨橋 Part.1

_003

*Photography data*
PENTAX K-5 ,PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM ,RAW+ ,PENTAX Digital Camera Utility 4現像

おにゅうのカメラを試すにはなかなか時間が取れないので、仕事の後に行くことになります。

とうことで、仕事場から近いここ勝鬨橋での撮影です。

少々雑な撮影になりました。性格が出てますね・・・(^^ゞ

さて、仕事の方は殺人的なハードさで、終電or宿泊で人間としての生活が送れない状況です。

フィジカル、メンタル両面でかなり厳しい状況に追い込まれております。

週末は休みですが、ネットを開く気力も無い状態です。

ということで、更新の方もさらに滞りそうですが、ご了承ください!<(_ _)>

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

リバーシティ21 Part.3

21_007

*Photography data*
PENTAX K-5 , SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO,RAW+ ,PENTAX Digital Camera Utility 4現像

<注意>携帯からの写真閲覧はブログの制約によりPCサイトビューワー機能でのみ閲覧可能です。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

隅田川にかかる中央大橋から佃橋、勝鬨橋方面を撮影したものです。

この日は、雲一つ無い完璧な夕空でした。

グラデーションがとても美しかったです。

 

『PENTAX K-5』について・・・

一回、時間をとって説明できたらと思います。

今まで触ったカメラの中でも最高の部類に入りますが、ちょっとヤバイ部分があるのでそれを含めてです・・・

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

α900で夜景を。。。 Part.5

勝鬨橋

*Photography data*
SONY α900 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM ,F11 ,ISO-200 ,cRAW ,Image Data Converter SR Ver. 3現像

今回は、勝鬨橋です。

橋のたもとからの撮影ですが、夜は大分冷えてきましたね...

夜空を見上げながら瞬く星を見るとなんかホッとします。

勝鬨橋(かちどきばし)*
東京都中央区にある隅田川に架かる橋。晴海通り(東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線)が通る。
日本では珍しい可動橋(跳開橋)であるが、現在では機械部への電力供給も無く、可動部もロックされ、跳開することはない。近年、再び跳開させようとの市民運動や都の動きはあるものの、機械部等の復旧に莫大な費用(約10億円)がかかること、また現在は多数の道路交通量があることから、実現のめどは立っていない。
明治期より架橋の計画は何度かあったものの実現せずにいた。1905年(明治38年)1月18日、日露戦争における旅順陥落祝勝記念として有志により「勝鬨の渡し」が設置された。築地と、対岸の月島の間を結ぶ渡し舟である。埋め立てが完了した月島には石川島造船所の工場などが多く完成しており多数の交通需要があったことで、1929年(昭和4年)「東京港修築計画」に伴っての4度目の計画によりようやく架橋が実現することとなった。
建設当時は隅田川を航行する船舶が多かった。このため陸運よりも水運を優先させるべく、3千トン級の船舶が航行することを視野に入れた可動橋として設計され、跳開により大型船舶の通航を可能とした。高架橋とする案もあったが建設費が安く済むため、可動橋案が選定された。
勝鬨橋の工事は1933年に着工し、1940年6月14日に完成を見た。1940年に「皇紀2600年」を記念して月島地区で開催予定であった国際博覧会へのアクセス路とする計画の一環でもあったため、格式ある形式、かつ日本の技術力を誇示できるような橋が求められた。そのため、アメリカ等から技術者を導入せず、全て日本人の手で設計施工を行った。結果的に博覧会は日中戦争の激化などもあって軍部の反対により中止されたが、勝鬨橋は無事完成し「東洋一の可動橋」と呼ばれるほどの評判を得た。なお当初から路面電車用のレールが敷設されており、1947年から1968年まで橋上を都電が通行していた。
設置当初は1日に5回、1回につき20分程度跳開していた。この頻度はほぼ1953年ごろまで続いたが、船舶通航量の減少と道路交通量の増大により次第に跳開する回数は減少し、1964年以降は年間100回を下回るようになった。1967年には通航のための最後の跳開が行われた。その後は年に一度ほど試験のため跳開されていたが、1970年11月29日を最後に跳開されることはなくなり、1980年には電力供給も停止された。
橋のたもとの築地側には、財団法人・東京都道路整備保全公社が運営する「かちどき橋の資料館」が2005年4月に開館し、勝鬨橋に関する情報を得ることができる(開館日:火・木・金・土。入場無料)。また、定期的に橋梁設備の見学会が行われている。
なお、橋は1998年より夜間ライトアップされている。
2006年4月24日には、東京都が依託した土木学会の調査研究小委員会により、勝鬨橋の開閉に問題は無いとの報告が出た。
2007年6月18日、都道府県の道路橋として初めて、清洲橋・永代橋と共に勝鬨橋が国の重要文化財(建造物)に指定された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本記事は、予約投稿です。

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

勝鬨橋

Kachidoki_bashi_009 Kachidoki_bashi_008 Kachidoki_bashi_003

*Photography data*
SONY α700 , Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA ,DRO-Off,cRAW

もうちょっと待ってね。。。(*^-^)ニコ

*勝鬨橋(かちどきばし)*
東京都中央区にある隅田川に架かる橋。晴海通り(東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線)が通る。
日本では珍しい可動橋(跳開橋)であるが、現在では機械部への電力供給も無く、可動部もロックされ、跳開することはない。近年、再び跳開させようとの市民運動や都の動きはあるものの、機械部等の復旧に莫大な費用(約10億円)がかかること、また現在は多数の道路交通量があることから、実現のめどは立っていない。
明治期より架橋の計画は何度かあったものの実現せずにいた。1905年(明治38年)1月18日、日露戦争における旅順陥落祝勝記念として有志により「勝鬨の渡し」が設置された。築地と、対岸の月島の間を結ぶ渡し舟である。埋め立てが完了した月島には石川島造船所の工場などが多く完成しており多数の交通需要があったことで、1929年(昭和4年)「東京港修築計画」に伴っての4度目の計画によりようやく架橋が実現することとなった。
建設当時は隅田川を航行する船舶が多かった。このため陸運よりも水運を優先させるべく、3千トン級の船舶が航行することを視野に入れた可動橋として設計され、跳開により大型船舶の通航を可能とした。高架橋とする案もあったが建設費が安く済むため、可動橋案が選定された。
勝鬨橋の工事は1933年に着工し、1940年6月14日に完成を見た。1940年に「皇紀2600年」を記念して月島地区で開催予定であった国際博覧会へのアクセス路とする計画の一環でもあったため、格式ある形式、かつ日本の技術力を誇示できるような橋が求められた。そのため、アメリカ等から技術者を導入せず、全て日本人の手で設計施工を行った。結果的に博覧会は日中戦争の激化などもあって軍部の反対により中止されたが、勝鬨橋は無事完成し「東洋一の可動橋」と呼ばれるほどの評判を得た。なお当初から路面電車用のレールが敷設されており、1947年から1968年まで橋上を都電が通行していた。
設置当初は1日に5回、1回につき20分程度跳開していた。この頻度はほぼ1953年ごろまで続いたが、船舶通航量の減少と道路交通量の増大により次第に跳開する回数は減少し、1964年以降は年間100回を下回るようになった。1967年には通航のための最後の跳開が行われた。その後は年に一度ほど試験のため跳開されていたが、1970年11月29日を最後に跳開されることはなくなり、1980年には電力供給も停止された。
橋のたもとの築地側には、財団法人・東京都道路整備保全公社が運営する「かちどき橋の資料館」が2005年4月に開館し、勝鬨橋に関する情報を得ることができる(開館日:火・木・金・土。入場無料)。また、定期的に橋梁設備の見学会が行われている。
なお、橋は1998年より夜間ライトアップされている。
2006年4月24日には、東京都が依託した土木学会の調査研究小委員会により、勝鬨橋の開閉に問題は無いとの報告が出た。
2007年6月18日、都道府県の道路橋として初めて、清洲橋・永代橋と共に勝鬨橋が国の重要文化財(建造物)に指定された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いつも応援ありがとうなのです。感謝感謝なのです。
↓↓↓ポチッと一押しいただければ、まめゴマ&凪々が『クプ~☆』と急上昇しちゃいます。(*^-^)ニコ

にほんブログ村 写真ブログへ

その他のカテゴリー

Colored leaves | St Luke's Garden | VIDEO:SONY NEX VG-10 | お知らせ:fotolia | お知らせ:PIXTA | イベント:2007クリスマス・ライトダウンストーリー | イベント:2007年伊勢崎利根川花火大会(祝・特例市誕生) | イベント:2007年第二回古河花火大会 | イベント:2008年第三回古河花火大会 | イベント:2008年第15回にのみや夏まつり大花火大会 | イベント:Candle Cafe 2006 | イベント:TOWERS Milight2006 | イベント:TOWERS Milight2007 | イベント:平成二十年度越後片貝まつり 浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 | カップメン | ガーデニング | グルメ・クッキング | シーン:Evening glow | シーン:Illminations | シーン:Moring glow | シーン:Night view | シーン:The night view of the factory | スイーツ | スイーツ:マンゴー | デジタルカメラ:CANON EOS 7D | デジタルカメラ:OLYMPUAS E-10 | デジタルカメラ:PENTAX K-5 | デジタルカメラ:PENTAX K-7 | デジタルカメラ:PENTAX K10D | デジタルカメラ:PowerShot G11 | デジタルカメラ:PowerShot G9 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX100 | デジタルカメラ:SONY Cybershot DSC-RX10Ⅲ | デジタルカメラ:SONY NEX-5 | デジタルカメラ:SONY NEX-5N | デジタルカメラ:SONY NEX-7 | デジタルカメラ:SONY α100 | デジタルカメラ:SONY α700 | デジタルカメラ:SONY α77 | デジタルカメラ:SONY α7R | デジタルカメラ:SONY α7R II | デジタルカメラ:SONY α9 | デジタルカメラ:SONY α900 | デジタルカメラ:SONY α99 | デジタルカメラ:SONY α99 II | ニュース | パソコン・インターネット | ビデオカメラ:SONY HDR-CX550V | ビデオカメラ:SONY NEX-VG10 | ラーメン | レンズ:CANON EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM | レンズ:Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA | レンズ:Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM Ⅱ | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM Ⅱ | レンズ:Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS | レンズ:Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS | レンズ:KONICA MINOLTA AFズーム24-105mmF3.5-4.5(D) | レンズ:PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6 AL WR | レンズ:PENTAX DA12-24mmF4 ED AL[IF] | レンズ:PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM | レンズ:PENTAX DA★60-250mmF4ED [IF] SDM | レンズ:SIGMA 12-24mmF4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL | レンズ:SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE | レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO | レンズ:SIGMA 24-105mm F4 DG Art | レンズ:SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG ASPHERICAL DF | レンズ:SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM | レンズ:SIGMA APO 50-500mm F4-6.3 EX DG | レンズ:SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF | レンズ:SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM | レンズ:SONY DT 16-50mmm F2.8 SSM | レンズ:SONY E10-18mm F4 OSS | レンズ:SONY E18-200mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY E18-55mm F3.5-5.6 OSS | レンズ:SONY E50mm F1.8 OSS | レンズ:SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS | レンズ:SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS | レンズ:SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS | レンズ:TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2 | レンズ:TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] MACRO | レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di USD (Model A005) | レンズ:TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F017) | レンズ:TAMRON SP AF11-18mm F/4.5-5.6 DiⅡ LD ASPHERICAL [IF] | レンズ:TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD(IF) MACRO1:1 | レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di LD(IF) MACRO1:1 | 住まい・インテリア | 写真 | 動物:シロイルカ | 動画 | 場所:JOCX TV | 場所:NTV | 場所:お台場 | 場所:かつしかハープ橋 | 場所:さいたま市染谷花しょうぶ園 | 場所:ゆり園(西武グループ) | 場所:アーバンドック ららぽーと豊洲 | 場所:テレコムセンター | 場所:トリトンスクエア | 場所:レインボーブリッジ | 場所:上三依水生公園 | 場所:世界貿易センタービル | 場所:京成バラ園 | 場所:伊奈町制施行記念公園 | 場所:八景島シーパラダイス | 場所:六本木ヒルズ(東京シティビュー) | 場所:加須・童謡のふる里・おおとね | 場所:加須浮野の里 | 場所:千鳥ヶ淵公園 | 場所:千鳥町 | 場所:国営昭和記念公園 | 場所:国営武蔵嵐山森林公園 | 場所:城南島海浜公園 | 場所:埼玉久喜青毛堀川 | 場所:奥利根 | 場所:奥利根-坤六峠 | 場所:奥日光・蛇王の滝 | 場所:奥日光山王林道 | 場所:奥日光栗山地区 | 場所:奥日光瀬戸合峡 | 場所:奥秩父大血川渓谷 | 場所:奥秩父雁坂峠・豆焼橋 | 場所:奥能登 | 場所:奥能登-珠洲市三崎町寺家 | 場所:奥能登-禄剛崎灯台 | 場所:奥能登-輪島市白米千枚田 | 場所:奥能登-見附島 | 場所:奥能登-輪島市曽々木海岸 | 場所:奥能登-輪島朝市 | 場所:富士山 | 場所:小貝川ふれあい公園 | 場所:嵐山菅谷館跡 | 場所:巾着田 | 場所:幸手権現堂堤 | 場所:文京区シビックセンター | 場所:日光 | 場所:日光・瀬戸合峡 | 場所:日光湯ノ湖 | 場所:日光湯滝 | 場所:日光神橋 | 場所:日光竜頭ノ滝 | 場所:日光霧降の滝 | 場所:日光霧降高原 | 場所:晴海埠頭 | 場所:東京ゲートブリッジ | 場所:東京スカイツリー | 場所:東京タワー | 場所:東松山ぼたん園 | 場所:栃木県佐野市みかも山公園かたくりの里 | 場所:森戸海岸 | 場所:横浜SkyWalk | 場所:横浜みなとみらい21 | 場所:横浜ベイブリッジ | 場所:横浜マリンタワー | 場所:横浜山下公園 | 場所:横浜日本丸 | 場所:横浜氷川丸 | 場所:横浜汽車道 | 場所:横浜税関 | 場所:横浜赤レンガ倉庫 | 場所:江ノ島 | 場所:江戸川河川敷 | 場所:浮島町 | 場所:浮間公園 | 場所:渡良瀬遊水池 | 場所:照葉峡 | 場所:秩父・中津峡 | 場所:秩父・金蔵落しの渓流 | 場所:秩父羊山公園 | 場所:筑波山 | 場所:箭弓稲荷神社 | 場所:群馬県立つつじヶ岡公園 | 場所:聖路加ガーデン | 場所:茨城・国営ひたち海浜公園 | 場所:茨城県筑西市・母子島 | 場所:荒川・木根川橋 | 場所:菅生沼 | 場所:行田古代蓮の里 | 場所:豊洲ららぽーと | 場所:足利フラワーパーク | 場所:野反湖 | 場所:関宿城趾公園 | 場所:隅田川・中央大橋/リバーシティ21 | 場所:隅田川・勝鬨橋 | 場所:隅田川・吾妻橋 | 場所:隅田川・永代橋 | 場所:隅田川・清洲橋 | 場所:隅田川・白鬚橋 | 場所:隅田川・言問橋 | 場所:飯能吾妻峡 | 場所:首都高速・江北ジャンクション | 天体:Moon | 天体:Star | 女船頭 | 携帯カメラ:au W54SA | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 昆虫:蝉 | 昆虫:蝶 | 映画・テレビ | 植物:アスター | 植物:アッツ桜 | 植物:アネモネ | 植物:アヤメ | 植物:コリウス | 植物:ジニア | 植物:ジャーマンアイリス | 植物:チューリップ | 植物:ニッコウキスゲ | 植物:ネモフィラ | 植物:ハイビスカス | 植物:ヒマラヤの青いケシ | 植物:ポピー | 植物:ムスカリ | 植物:ラナンキュラス | 植物:ルピナス | 植物:一輪草 | 植物:九輪草 | 植物:二輪草 | 植物:八重咲一華 | 植物:千日紅 | 植物:向日葵 | 植物:吾木香 | 植物:夏水仙 | 植物:大文字草 | 植物:女郎花 | 植物:姫立金花 | 植物:山百合 | 植物:岩沙参 | 植物:布袋葵 | 植物:座禅草 | 植物:彼岸花 | 植物:忘れ草 | 植物:朝顔 | 植物:杜若 | 植物:東一華 | 植物:桔梗 | 植物:桜 | 植物:梅 | 植物:梅花唐松 | 植物:梅花黄蓮 | 植物:梅鉢草 | 植物:浅沙 | 植物:浜萱草 | 植物:烏瓜 | 植物:照波 | 植物:片栗 | 植物:牡丹 | 植物:現の証拠 | 植物:百合(ハイブリット系) | 植物:皇帝ダリア | 植物:矢車菊 | 植物:禊萩 | 植物:福寿草 | 植物:秋明菊 | 植物:秋桜 | 植物:筆竜胆 | 植物:節分草 | 植物:節黒仙翁 | 植物:素心蝋梅 | 植物:紫陽花 | 植物:紫雲英 | 植物:翁草 | 植物:胡蝶蘭 | 植物:芍薬 | 植物:芝桜 | 植物:花菖蒲 | 植物:花虎の尾 | 植物:花魁草 | 植物:苧環 | 植物:菊咲一華 | 植物:華鬘草 | 植物:萩 | 植物:蓮 | 植物:蓮華升麻 | 植物:蕎麦 | 植物:薔薇 | 植物:藤 | 植物:躑躅 | 植物:透かし百合 | 植物:酔芙蓉 | 植物:野花菖蒲 | 植物:釣鐘人参 | 植物:鏡蓋 | 植物:雪割草 | 植物:面高 | 植物:駒草 | 植物:高砂百合 | 植物:鬼百合 | 植物:鬼蓮 | 植物:鳥兜 | 植物:鹿の子百合 | 植物:黄花秋桜 | 植物:黄花菖蒲 | 植物:黒種草 | 病気記録:2009年脛骨粉砕骨折 | | 花火 | 趣味 | 野鳥 | 鳥:尉鶲 | 鳥:瑠璃鶲 | 鳥:白鳥 | 鳥:紅猿子 | 鳥:鴨

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログランキングに参加しております。

  • にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

    いつもいつも応援ありがとうなのです。(*^-^)ニコ

Midi素材リンク

  • Lizさんのサイトへ

    Lizさんのサイトです

<注意>

  • ★注意(CAUTION)★
    当ブログに掲載されている写真・動画は、著作者に帰属します。 無断転載は禁止します。無断使用が発覚した場合、法律に基づき厳正に対処させていただきます。 見つけた写真・動画を転載・二次利用したい場合は、基本的に著作者の許諾が必要です。 以下のメールアドレスに連絡願います。 『nanagokochi@hotmail.co.jp』

私のHPを作りました。

  • 是非、ご覧くださいね♪

fotoliaさんで写真販売初めました。

  • Fotolia

    こちらもご覧ください